漆喰

こんにちは。
今朝はすごい雨風でしたね〜!!
「春の嵐」とでもいいますか。
今はかなり天気も落ち着いたようでひと安心ですね♪

さて。昨日は珪藻土と漆喰の違いについてご案内いたしました。
珪藻土については、先日「自然素材について」の
カテゴリーでお伝えしてましたので
今回は弊社で取り扱いをしている
漆喰「パビスタンプ」について掘り下げていこうと思います。


★漆喰(パビスタンプ)★
ヨーロッパでの漆喰の歴史は古く、
古代エジプト時代には、
既にあちこちで漆喰が使われた形跡があるようです。
ヨーロッパ大地そのものが石灰石で覆われており、
漆喰の主成分である石灰が豊富に入手できた理由でもあります。
ヨーロッパは石の文化で、
建物の耐久性、持続性は日本人の想像以上に永く、
100年以上住み続けることが一般常識です。

除湿や吸湿の役目をする
調湿性能や臭気の吸着効果のある
ヨーロッパ中性から続いてる西洋漆喰パビスタンプ。
この漆喰にも100年以上の耐久性があります。
パビスタンプは、原料の生石灰を焼いて消石灰を作り
この消石灰に骨材・無機の色粉・セルロースファイバ
(回収された新聞古紙を主原料に防熱・撥水性能を付加したもの)
を混ぜたものです。

パビスタンプの特徴って…???
1 化学物質一切なしの天然無機質
 シックハウス対策告示規制対象外建材です。
2 高品質+低価格
 デザイン・性能を融合させた質の向上と低コスト。
3 ヨーロッパ直輸入のホンモノ
 〜風や、〜調でなく、まさしくホンモノ。 

■天然素材/シックハウス対象外製品
(ホルムアルデヒド吸収分解効果)フォースター認定不要製品
■耐久性100年
■カラーバリエーション60色
■国際品質規格【IS09001/2000取得】  

また、パビスタンプは内装用だけでなく、
外装用との2種類に分かれています。

内装用パビスタンプ(レビスタンプ)
ホルムアルデヒドの分解・浄化をする働きがあり、
臭気や毒気を取り除き、室内を浄化してくれます。
多孔質構造による調湿効果で、室内の清涼感を保ち、心も体も健康に。
また、照明効果によって壁面が光を吸収し、
微妙な反射で室内が柔らかく写ります。


外装用パビスタンプ
住宅の外壁材にはさまざまなものがありますが
大きく分けるとすると「貼る」ものの「塗る」ものがあります。
そのうちの「塗る」外壁材として
くが工務店では外壁用のパビスタンプをご提案しています。
通常の樹脂入りの塗り壁材では
紫外線などで樹脂が黄変し、
壁がクリーム色に変わってしまうことがあります。
その点、無機質・天然素材のパビスタンプは
樹脂が黄変することはありません。
「コテ塗りの壁は高そうだね〜…」とお思いの方、
そんなことはございません!
結局は長い目で見るとお安くなりますよ♪
特徴としては…
大気中のCO2ガスを吸収することで、
壁面が徐々に硬化していきます。
また多孔質構造で、断面が呼吸し続けるため
外気温が高いときは放熱し、低いときは蓄熱する働きがあります。


珪藻土に比べるとコストはかかってきますが
持続性はバツグン!の漆喰です♪♪
内装材は普通のクロスにして…
外壁を塗り壁にする!ということもできますよ〜
ぜひぜひ、皆さまの家づくりに
左官壁を取り入れてみてはいかがですか??


・・・・・・・・・・・・・・・・
 くが工務店    代表 久我 尊
 〒840-0202
 佐賀県佐賀市大和町久池井2187-1
 TEL:0952-62-4507
 FAX:0952-37-7637
 mail:kugakoumu10@gmail.com
 定休日 水曜日
・・・・・・・・・・・・・・・・

珪藻土と漆喰

こんにちは(^^)/
今日は朝は天気が良かったのですが
今は残念ながら曇り模様ですね〜
せっかくの日曜日。
なかなか春本番のおでかけ日和…
というワケにもいきませんね。

でも植物たちは少しずつ、キレイな顔を見せてくれてます。

↑くが工務店事務所東側の花たち

先日は2日間東京の方に出向いていました。
建材フェアに参加することがメインだったのですが
最終日はスカイツリーなどの観光名所を廻ったりと…
充実した2日間でした(^^)
関東の方もやはり空がよどんでおり、
黄砂・PM2.5…九州だけではないことを実感。
足早の都会の人ゴミのなか、
久しぶりに徒歩での移動、移動でさすがに疲れたのか
昨日は帰ってきてからすぐに寝てました(笑)
やっぱり…田舎育ちの私には佐賀が一番落ち着きますね!


さて。以前くが工務店で取り扱いしている
自然素材の中の珪藻土について記事を書きましたが
壁材で使用しているものに、もう1つ、漆喰があります。
パッと見、違いが分からないのがこの珪藻土と漆喰。
一体なんの違いがあるのでしょうか?


★「珪藻土」と「漆喰」の違いって??★

珪藻土とは…
珪藻土は植物性プランクトン「珪藻」が長年にわたり
海底や湖底に蓄積して化石化したもので
昔から火に強い土として七輪や耐火レンガの原料として使用されています。
脱臭性能や吸放湿性能があることから
ここ15年前位から左官材料として利用されるようになりました。


↑弊社で取り扱いしている珪藻土「MPパウダー」


漆喰とは…
漆喰は消石灰を主成分とし、
ワラやスサを混ぜ、
海草などから採取した糊を混ぜて左官用の漆喰となります。
古墳時代から使用されていて、城の外壁に用いられていました。
昔の家の壁も漆喰壁がほとんどで「左官壁=漆喰壁」でした。

↑弊社で取り扱いしている漆喰「パビスタンプ」

珪藻土と漆喰の共通点としては、
●調湿機能がある
●断熱効果がある
●消臭性・防火性がある といった点でしょうか。

では違いって…???
答えは、【自硬性】です。
漆喰は空気中の二酸化炭素と反応して固まっていく…
つまり、主成分である消石灰は空気中のCO2と反応し
自然に固まる性質を持つので
年々表面から硬度が増します。
珪藻土そのものは乾燥しても、ボロボロ崩れてしまいます。
そこで石灰やセメントや粘土、
そして合成樹脂等を添加する事により
硬化させて左官壁として成立させています。
簡単に言えば漆喰は「余計なものを足さなくていい」
珪藻土は「自ら固まらないので固化材が必要」
ということです。


特徴の違いもあります。
珪藻土は木炭の5〜6千倍という超微細・超多孔質構造のため
漆喰よりも調湿機能や断熱効果が高いです。
また、施工もしやすく施工金額も安い
お手軽に塗り壁の良さが体感できます。
逆に漆喰は珪藻土に比べるとこれほど多孔質ではありません。

漆喰はアルカリ性の性質で
カビや細菌の発生・増殖を予防できる
いわば天然防カビ抗菌剤です。
また、ホルムアルデヒドや臭いを吸着する働きがあります。

内容の違いは分かったけれど見た目の違いって…??

見た目は漆喰の方が真っ白で光沢がありモダンな印象があり、
珪藻土の方は漆喰に比べて比較的、
素朴で柔らかな印象の空間に仕上がります(^^)

珪藻土と漆喰。
似ているようで全く似ていない性質を持っていること
お分かりいただけたでしょうか。
くが工務店のご案内する左官壁では
お客さまのお好みやご予算に合わせて
どちらもご提案しておりますよ〜(^^)/
明日は弊社で取り扱いしている
漆喰「パビスタンプ」について詳しくご説明していきますね♪

・・・・・・・・・・・・・・・・
 くが工務店    代表 久我 尊
 〒840-0202
 佐賀県佐賀市大和町久池井2187-1
 TEL:0952-62-4507
 FAX:0952-37-7637
 mail:kugakoumu10@gmail.com
 定休日 水曜日
・・・・・・・・・・・・・・・・

珪藻土

こんにちは!今日は風が強いですねー。
卒園式や卒業式のシーズンですが
なんとか天気は持ちつつ、風はおさまってほしいものです。

こんな季節に特にお客さまが気になること。
それは「アレルギー」対策の家づくり。
内装材の工夫で、少しでも緩和したい!と
誰もが思うことですよね。
先日事務所にて打ち合わせに来ていただいたお客様は
今お住まいの新築アパートにいる時はクシャミや鼻水が止まらないのに、
「何故かココに来るとアレルギーが落ち着くんですよね〜」
とおっしゃってました。
確かにくが工務店の事務所は、天井まで珪藻土塗り仕上げです。
IMG_1432.JPG
珪藻土は、温度を一定にしようとする調湿機能によって
高温度による結露・カビ・ダニの発生を予防し、
過乾燥を抑制する働きがあります。
また悪臭や有害な揮発性化学物質を吸着する機能によって
室内空気を浄化し、健康で快適な住環境を保ちます。

最近よく耳にする化学物質過敏症という言葉。
住宅の高気密・高断熱化が進み『新建材』と
呼ばれる化学物質を含有した建材を多く用いたことにより
室内空気が化学物質などに汚染され、
そこに住まう人の健康に悪影響を与えてしまうようになってしまいました。
これが今問題となっている
化学物質過敏症=シックハウス症候群なのです。


こういった現代社会ならではの病気に対し、
住宅の内装材の工夫で何か緩和する方法がないかと
私たちが探し求めてきた珪藻土がMPパウダーです。

珪藻土は、珪藻土だけでは固まりません。
何らかの硬化剤を混ぜることで、塗り壁剤(MPパウダー)になります。
多くのメーカーの珪藻土塗壁材はコストダウンや
施工のしやすさから、合成樹脂と混ぜられています。
合成樹脂と混ぜられた珪藻土は、
孔が塞がれ機能が落ちてしまいますし
健康被害にも影響が起きないとは言えません。
その点、MPパウダーは自然素材のみで固めているため安心!
機能と健康を最重要視した配合になっています!

manufacture_mp_powder_05.jpgmanufacture_mp_powder_06.jpg


(MPパウダーの内容)
★メソポア珪藻土
珪藻土の中でも特殊なもので、2〜50ナノメートルという
特有の細孔(メソポア)を多く有します。
調湿性に優れ、昔ながらの分厚い土壁を数ミリの厚みで再現するのに適します。

★白土
火山灰。MPパウダーの色を白色化するために使用します。
陶芸でも使われる素材です。

★セルロースファイバー
木質繊維(古紙)です。土壁に用いるワラすきの代わりの役割です。

★でんぷん粉(のり材)
食用でんぷんのりです。MPパウダーの固化補助剤として使用されます。

材料の中身がすべて自然素材でできていること、
お分かりになっていただけましたか?

機能性だけでなく、見た目も美しい珪藻土。
下塗りをした後、珪藻土塗り壁が半乾きになった状態(約10分くらい)の
ところで、仕上げ塗りを行います。
この時、木コテや、ならしベラなどの道具を使って
いろんなパターンや模様を付けることができます。
これが塗り壁ならではの醍醐味!

ではでは…塗りパターンもご紹介いたします★
1ban.jpg

1ban-1.jpg
↑↑↑上の方の白い壁と青い壁は同じものです。
パターンが分かりやすいよう、青色付きで載せてみました。

金鏝押さえ仕上げ(かなごておさえしあげ)
ハケ引き仕上げ
扇仕上げ(おうぎしあげ)
鏝波仕上げ(こてなみしあげ)


2ban.jpg

2ban-2.jpg
5 ウエーブ太目仕上げ(ふとめしあげ)
6 吹き付け仕上げ
7 ラフ仕上げ
8 ウエーブ細目仕上げ(ほそめしあげ)

IMG_2627.jpg
↑↑↑くが工務店の事務所は7番の「ラフ仕上げ」になっております♪



綺麗な空気を吐き出してくれる珪藻土。
ぜひ皆さまも家づくりに取り入れてみませんか?

・・・・・・・・・・・・・・・・
 くが工務店    代表 久我 尊
 〒840-0202
 佐賀県佐賀市大和町久池井2187-1
 TEL:0952-62-4507
 FAX:0952-37-7637
 mail:kugakoumu10@gmail.com
・・・・・・・・・・・・・・・・

自然素材について

くが工務店の家づくりは
「家に住む家族みんながいつまでも健康で快適に暮らせること」
を目的としています。
ホンモノが持つ質感や味わいだけでなく、
耐久性に優れた良質の自然素材を取り入れ、
住み続けることの安心感を感じていただきながら
常に住む人のココロとカラダを
癒していけるような家を
造っていきたいと考えております。
構造材はもちろんのこと、外壁、
内装に関しては無垢フローリングから珪藻土、漆喰、
紙クロス、自然素材の断熱材など
積極的に使い、シックハウス・アトピーの原因である
化学物質を極力排除した住まいをご提案。
自然素材と言えども構造材・仕上げ材共に様々な種類があり、
種類の数だけ特徴もそれぞれ違います。
お客さまの住まわれる地域や土地柄に合ったものを厳選し
コスト面でも無理のないものを扱っています。

じゃあ、くが工務店の造る家で使っている
「自然素材」ってどんなものだろう??
そんなギモンを今回はお答えしますね♪


★壁★
主に珪藻土、漆喰、紙クロスなどの自然素材をご提案しております。

珪藻土(MPパウダー)
温度を一定にしようとする調湿機能によって高温度による結露・カビ・ダニの発生を
予防し、過乾燥を抑制する働きがあります。
また悪臭や有害な揮発性科学物質を吸着する機能によって室内空気を浄化し、
健康で快適な住環境を保ちます。

漆喰(パビスタンプ)
除湿や吸湿の役目をする調湿性能や臭気の吸着効果のある
ヨーロッパ中性から続いている西洋漆喰。
ホルムアルデヒドの分解・浄化をする働きがあり、
臭気や毒気を取り除き、室内を浄化してくれます。
多孔質構造による調湿効果で、室内の清涼感を保ち、心も体も健康に。
また、照明効果によって壁面が光を吸収し、
微妙な反射で室内が柔らかく写ります。
■天然素材/シックハウス対象外製品
(ホルムアルデヒド吸収分解効果)フォースター認定不要製品
■耐久性100年
■カラーバリエーション60色
■国際品質規格【IS09001/2000取得】  

壁紙(TOLI「環境・素材コレクション」)
健康で安全な住まいと環境のための壁紙です。
シックハウスの原因物質のひとつであるホルムアルデヒドや室内の臭いを吸着・
分解する機能に優れています。デザイン性も高く、人気のある商品になっています。
2013-02-23 10.15.18.png



★床★
くが工務店では無垢の床フローリングをご提案しています。

無垢の床フローリングとは100%天然素材である木材を使用しているものを言います。
どの樹種をとっても同じものはなく、独特な表情があります。
樹種によって差はありますが、断熱性や保温性、調湿性、弾力性に優れており
肌触りが良く、表面がサラリとしているので素足で歩くととても気持ちがいいです。
無垢フローリングは気温や湿度の変化によって収縮したり、
膨張したりするので気温が低く、乾燥している冬には隙間ができたり
反ったりする…可能性もないとは言えません。
しかしこれも木が生きている証拠。
そう、木も私たちと同じように呼吸しているのです。
生きているからこその、優れた調湿機能があり、室内が乾燥すれば水分を吐き出し
湿度が多いときには水分を吸い込んでくれます。
夏はサラサラ、冬はポカポカ…
優しい木の肌触りが家族みんなを癒してくれます♪

樹種 ・杉(軽くて柔らかい。たくさんの水分や温度を吸収する)
   ・ナラ(とても硬い木で、家具や洋酒の樽、船舶にも使われる)
   ・メープル(白く淡い色。傷がつきにくく、衝撃にも強い)
   ・さくら(硬く、木肌が緻密で傷がつきにくい)
   ・チーク(油分が多く、木肌が滑らかで強いので収縮も少ない)
   ・檜(特有の光沢と芳香があり、殺菌効果もある)
 
IMG_5226.JPG
↑無垢の杉材を使用(自然塗料のクリアを塗装済み)

★塗料★
くが工務店では無垢の床フローリングをご提案していますが
その上に塗る塗料も自然素材のものを使用しています。

自然塗料(リボス自然健康塗料)
天然植物油・天然みつろうワックスをベースに製造されています。
「自然のものでも健康障害を引き起こす成分は取り除くべき」と考え、
危険も考えられる天然原料を排除していますので
ちいさなお子さまが舐めても安心です。
↑塗装例(左から順に)
ローズウッド・ウオルナット・ダークチーク・オーク・ホワイト・クリアー

★断熱材★
壁・天井断熱材(ニチアス ホームマットNEO)
省エネ基準で求められる防湿フィルムを製品本体に一体化させた
次世代省エネ基準対応の住宅用断熱材。
ホームマットは、繊維間に動かない空気がいっぱい詰まっているので
熱の移動を防ぐことができます。
これはスキーウエアがウエア内の動かない空気によって保温効果を発揮するのと
似ています。優れた断熱性能で、冷暖房費の節約にも大きく貢献!
また密度が高く、遮音性能に優れ、テレビやオーディオなどの
音の室外漏れはもちろん、室外からの騒音も軽減します。
ホルムアルデヒドの放散の少ないF☆☆☆☆適合。
発ガン性についても、お茶と同じ分類であり、安心な住環境づくりに適した素材です。


床断熱材(フクフォームEco.)
エコ素材(古紙と水発砲を利用)の環境配慮型断熱材。
C02排出量が少なく、施工性にも優れれ、次世代省エネ基準にも対応しています。
1棟当たり、CO2排出量を1/2~1/4に削減。
燃焼時に有毒ガスを発生せず、断熱性能を長時間維持します。

013-02-24 16.40.37.png


簡単にですが、くが工務店の造る家で使用している
自然素材のものをご紹介させていただきました!
お客さまのご要望・ご予算そしてご家族のライフスタイルを
十分にヒアリングさせていただき
「ご家族みんなが健康で快適に、いつまでも暮らせる家」を
ご提案していきます!

・・・・・・・・・・・・・・・・
 くが工務店    代表 久我 尊
 〒840-0202
 佐賀県佐賀市大和町久池井2187-1
 TEL:0952-62-4507
 FAX:0952-37-7637
 mail:kugakoumu10@gmail.com
・・・・・・・・・・・・・・・・

1