家族みんなで珪藻土塗り

くが工務店での家づくりは
お客さまと一緒に進めていきます♪♪
デザインだけでなく、
ご希望であれば、壁の珪藻土塗りなども
一生に一度の思い出として
ぜひ、ご家族皆さんでチャレンジしてみませんか?

もちろん、長期お休みを取りづらい…という方は
ひと部屋だけ…というのも可能です(^^)/

007 (2).JPG

006 (2).JPG

005 (2).JPG

004 (2).JPG

・・・・・・・・・・・・・・・・
 くが工務店   
 〒840-0202
 佐賀県佐賀市大和町久池井2187-1
 TEL:0952-62-4507
 FAX:0952-37-7637
 mail:kugakoumu10@gmail.com
 定休日 水曜日
・・・・・・・・・・・・・・・・

オリジナル造作建具

こんにちは(^^)
今日は出張中の社長に代わって、妻がブログ担当します★

今回はオリジナル造作建具についてのご紹介です。
くが工務店では、家の建具も造作することをご提案させいただいてます。

昔は室内のドアや引き戸はほとんど、
造作建具として建具屋さんが作るのがあたりまえでした。
イメージしていただくとすると…
おばあちゃんちの家の建具。
ガラスがいっぱいはめ込まれていて
開けるとき、閉めるとき「よいしょっ!」と
していた覚えございませんか?

今はほとんどの建築業者様が
建材メーカーの既製品建具を選ぶことが多いです。
一般的な既製品の建具は、
表面に木目などの薄い塩ビシートを貼ったもので、
いかにも!木のように見えますが、
やはり手触りや質感は変わってきます。
既製品(新建材)がここまで多くなった理由は、

●コストが安いこと。
●作業効率がいいこと。など…

そして…プリントの加工精度が上がり、
よりホンモノに近い木の雰囲気を出せるようになったこと。
ではないでしょうか。

使う側、つまり業者側からすると
いい事尽くめなのですが、同時に欠点も合わせ持っています。

●建て付けが悪くなった時調整することが出来ない。
●建具と枠がセットなので、応用が利かない。など…

住まれて年月が経つと、自然の木を使うからこその
経年変化(木が収縮する、変色する)のは
あたりまえなんです。
弊社はあえてその欠点もお伝えしたうえで
造作建具をおススメしています。
また「造作建具にするとコストが上がるのでは…」と心配されてる方いませんか?
オリジナルでも素材を選んだり、
枠材をやめ吊り建具にしたり、
塗装という作業工程を少なくする事によつて、
随分コストを下げる事ができるんですよ〜♪

ではでは、いくつか
くが工務店でご提案させていただいた造作建具の方をご紹介しますね!
すべて!1つとして同じものはありません。
デザインからオリジナルですよ〜(^^)


 IMG_6330.JPG
↑↑↑くが工務店事務所の入り口ドアです★
IMG_6319.JPG
ガラスは一枚一枚違うものをはめ込んでいます。
模様が違うだけで印象がだいぶ変わってきますね。



IMG_6188.JPG
↑↑↑トイレのドア施工例。
IMG_6067.JPG
ステンドガラスをはめ込んで、可愛らしい雰囲気に♪



IMG_6150.JPG
↑↑↑書斎入口ドア施工例。
アイアン飾りがアクセントになっています。



IMG_5268.JPG
↑↑↑玄関引き戸施工例。
流木を取っ手代わりに使用してます。



IMG_6218.JPG
↑↑↑玄関ドア施工例。
アイアンもオリジナルデザインです♪



IMG_5158.JPG
↑↑↑玄関土間からの入り口。4枚引き戸の施工例。
IMG_5255.JPG
ガラスもよく見たら一枚一枚模様が違います。



IMG_5181.JPG
↑↑↑トイレのドア施工例。
IMG_5182.JPG
正方形の可愛らしい黄色のガラスをはめ込みました。
IMG_5179.JPG
取っ手と錠はアクセントのアイアンで。



IMG_4372.JPG
↑↑↑和室の引き戸施工例。
IMG_4365.JPG
裏側から見ると、木をふんだんに使った違う雰囲気に。



IMG_4324.JPG
↑↑↑全部木の建具も木目や色分けすることで
重たくなく、すっきりと爽やかな印象に。


家づくりに、オリジナル建具…ぜひぜひ取り入れてみませんか?
デザインはお客様と一緒に考えていきますよ(^^)/


・・・・・・・・・・・・・・・・
 くが工務店   
 〒840-0202
 佐賀県佐賀市大和町久池井2187-1
 TEL:0952-62-4507
 FAX:0952-37-7637
 mail:kugakoumu10@gmail.com
 定休日 水曜日
・・・・・・・・・・・・・・・・

収納

こんにちは!
今日は一段と寒いですね〜。
昨日までの温かさはどこへやら…

私ごとになりますが、昨日は定休日でしたので
唐津の方へ趣味のサーフィンに出かけました。
…と言っても、波がなくて
結局ウエットスーツを着る事もないまま…
空振りで帰ってきたので、
雨の中のドライブで終わりました(汗)
久しぶりにゆっくりとした時間を過ごす事ができ
いい気分転換になりました!
と思うようにしています(笑)
明日、あさっては東京の方で研修の方に行かせていただきます!
不在のため、お客様方や業者様にはご迷惑をおかけしますが
しっかりと、いいものを吸収して来ますので!!
どうぞご理解の程、宜しくお願い致します。

さて、今日は収納スペースについてのご紹介です。
「モノが取り出しやすく、いつも片付いている家にしたい」
マイホームを新築する人なら誰もが願うはず。
すっきりとした空間が実現すれば
インテリアの印象もアップします!!

★まずは…
現状の持ち物をチェックすることから始める。
新築やリフォームをする人のほとんどは
収納スペースを現在の住まいより増やすことを希望されます。
しかし、その分、居住スペースは狭くなり、
収納扉などは意外と高価でコストアップのもとに。
収納に困るほどお持ちのものは
本当に必要なものでしょうか?
食器棚に眠っているいただきもの、
サイズが合わなくなった洋服…
不用品はもちろん、いつか使うかもと
期待を込めて持っているものも、
家づくりをきっかけに
この際、思いきって見直してみてはいかがですか♪

IMG_4329.JPG
↑↑↑4畳程の収納部屋施工例

「子供のものは子供部屋に」
「衣類はクローゼットに」などと
その物の属性で収納場所を考えがちです。
けれども、子供さんが小さいうちは
リビングダイニングで宿題をすることも多いでしょうし、
パジャマや下着はタオルと一緒に
洗面脱衣室に置く方が便利なことも。

衣類においては、
洗濯→乾燥→たたむ→しまう
と、片づける前の工程が多いもの。
それぞれの場所が分散されていると動線が長くなり
奥さまにとっては負担です^^;
すべての工程を同じ階でできるように
水廻りや収納の配置すると効率的です♪

家族それぞれの行動パターンを考えて
それに合わせた収納計画をしていくと
新しい家のどこの部分に収納が必要かがはっきりと見えてきます(^^)/

IMG_6181.JPG
↑↑↑玄関ホール横のシューズクローク施工例。
可動式になっていますので、高さ調整も可能。
長いブーツや、長靴でも大丈夫です。

IMG_6179.JPG
↑↑↑玄関入ってすぐの、ホールにあるクローゼット施工例。

IMG_6180.JPG
↑↑↑中の雰囲気です。
お友達や親戚の方をよく呼ばれては
ホームパーティーをされることの多い
お客さまならではの粋な計らいです♪


IMG_6143.JPG
↑↑↑寝室横に設けたウォークインクローゼット施工例。

IMG_6142.JPG
可動式になっていますので高さ調整も可能。
3畳ほどのスペースですが十分収納できます!

IMG_6097.JPG
↑↑↑キッチン横の食器棚兼収納棚施工例。

IMG_6098.JPG
奥行きがあるので、掃除用具なども収納できて便利です♪

IMG_4344.JPG
↑↑↑同じくキッチン横の収納スペース施工例。
スパイスや調味料などをたくさん収納できます。

IMG_5277.JPG
↑↑↑玄関土間スペースに設けた天井近くまでの収納施工例。
お客さまの趣味であるスポーツの道具がぎっしり入ってます(^^)/

IMG_5244.JPG
↑↑↑リビングの収納施工例。
本をたくさんお持ちということでしたので、図書館のような
大収納を設けました。
こちらも高さ調節可能の可動棚になってます♪


「収納は隠すのが基本」と思われている方も多いかもしれません。
そんなことはありませんよ〜
毎日使う食器や調理器具を棚に並べるのも
飾る収納として楽しめます。
オープン棚は扉を付けない分、ローコストになり
部屋の演出要素としても生かせます。


【収納】と言えども、部屋ごとの収納から納戸や
ウォークインクローゼットまで。
収納スペースは造れば造るほど、建築コストも上がります。
コストを抑えつつ、使いやすく、見た目もすっきり…
くが工務店では、
お客さまのライフスタイルに合わせたご提案を
させていただきます(^^)/


・・・・・・・・・・・・・・・・
 くが工務店    代表 久我 尊
 〒840-0202
 佐賀県佐賀市大和町久池井2187-1
 TEL:0952-62-4507
 FAX:0952-37-7637
 mail:kugakoumu10@gmail.com
 定休日 水曜日
・・・・・・・・・・・・・・・・

キッチン

こんにちは!
くが工務店の庭にも一輪だけ
チューリップが顔を出そうとしています♪
春ですね〜!!

さて、今回はキッチンレイアウトについてのご紹介です。
キッチンを始め、バス・トイレなどの水廻りは
家族が頻繁に使う場所だけに機能性が求められます。
ともに給排水の配管が関わるため、
効率のよい配置にすることも見逃せないポイントです。

キッチンのレイアウトは、スペースの大きさや向き、
キッチンに立つ人の数などで
ある程度決まってきます。
もちろん、私どもからのご提案もいたしますが
自分にとって使いやすい配置や作業スペースの大きさなどを
把握しておくことも、理想的なキッチンを作る上で
大きな鍵になってくるんですよ〜♪

キッチンの基本のレイアウト
★I型★
img_ki_a2 2.gif
シンク、加熱機器、冷蔵庫などを1列に並べたシンプルなレイアウト。
ローコストでコンパクトに造れるのが特徴。
ただし、間口が広すぎると動線が長くなり、
作業効率が悪くなる。
種類としては壁付けのI型対面式のI型がある。

↓↓↓壁付けI型施工例
IMG_5197.JPG

IMG_5195.JPG


↓↓↓対面式I型施工例
IMG_6093.JPG

IMG_6078.JPG

IMG_6076.JPG


★アイランド型★
img_ki_a2 7.gif
キッチンセットから一部またはすべての機器類を離し、
独立する島(アイランド)をつくるレイアウト。
四方から使えるので、大人数でも作業しやすい。

↓↓↓アイランド型施工例
IMG_4358.JPG

IMG_4379.JPG



★L型★
img_ki_a2 6.gif
シンクと加熱機器を直角に配したレイアウト。
作業スペースが広くとれ、動線が短く効率的。
コーナー部分がデットスペースにならないよう
収納に工夫が必要。対面式にもしやすい。

↓↓↓L型施工例
IMG_6662.JPG

IMG_6687.JPG




★鵺型★
img_ki_a2 5.gif
シンクと加熱機器を2列に分けるレイアウト。
狭いスペースの中に収納や作業スペースを多くとることが可能。
I型よりも動線が短く、作業効率が良い。

↓↓↓ただ今、打ち合わせ中リフォーム物件の手描きパース


他にも…
img_ki_a2 3.gif
シンク、加熱機器、作業スペースを
U字型に並べたレイアウト。
収納や作業スペースを多くとることができ、
作業がしやすい。
シンク前にカウンターを据えて対面式にするケースも。

img_ki_a2 8.gif
鵺型、L型、U型の端が半島(ペニンシュラ)のように
突き出したレイアウト。
半島部分が対面式となる。
半島部分の間口を広くすると、
キッチンへの出入りがしにくくなる。

などがあります。

キッチンでの作業効率を良くするには、
シンクや加熱機器などの配置がポイントになります。
基本ルールは、作業の流れと動線に沿って
機器類を配置することです。
一般的な流れは
食材を取り出す(冷蔵庫&食品庫)
水洗い&下ごしらえ(シンク&作業台)
加熱調理(加熱機器&調理器具)
盛りつけ(食器棚&配膳台)
食卓に運ぶ(食卓)
となります。

そうです!作業の流れに沿った配置が使い勝手のカギになるんです!!
いざ!家づくりに入ろうとした時に戸惑わないためにも
日頃の自分の動線を意識してみるのも
理想的な家への第一歩かもしれませんね〜♪

・・・・・・・・・・・・・・・・
 くが工務店    代表 久我 尊
 〒840-0202
 佐賀県佐賀市大和町久池井2187-1
 TEL:0952-62-4507
 FAX:0952-37-7637
 mail:kugakoumu10@gmail.com
・・・・・・・・・・・・・・・・